快捷搜索:

「世界を食べる日本」:バングラデシュ編 バン

したたか慎ましやか、バングラデシュ出身の料理人

バングラデシュ出身の料理人

[写真1] バングラデシュコック

 
日本で「バングラデシュ」という国、その位置を知っている人は、どのくらいいるだろう。残念ながらその数は決して多いとはいえない。あるいは、しばしば、「バングラデシュ」といえば、洪水や貧困など負のイメージが先行して語られる。これは、かつて同じ国を形成していた、お隣インドの知名度とは大きな違いだ。

では、料理はどうだろう。「インド料理」といって容易に連想されるものはカレー。スパイスの効いた「本場のカレー」が一つの売り文句だ。日本ではカレーは、外来文化ではあるものの、古くから日本風にアレンジされて、既に「エスニック料理」の域を越える。今では堂々と一般家庭の食卓に並び、子どもの大好物としての地位を有している。インド「本場のカレー」は、そうした「日本カレー」の存在に支えられながら、しかし別のエスニック料理としても認識され、受け入れられている。いまやインドカレーのレストランは、関西だけでも大小あわせて500軒はあるというから、かなりの存在感だ。それに対して「バングラデシュ料理」はどうか。バングラデシュ料理も、料理のメインはやはりカレーだ。バングラデシュ料理のレストランに行けば、インド料理の店と同じように、食欲をそそるスパイスの香りが漂う。そして、本場バングラデシュの肥沃な土地柄、野菜を多く使うバングラデシュのカレーは、インドのカレーに比べていくらかマイルドで、日本人にはむしろこちらの方が食べやすいのではないかと思う。にもかかわらず、「バングラデシュ料理」を看板にかかげるレストランは、筆者の知る限り、関西には一軒のみである。カレー好きの日本にはちょっと意外な感じもする。しかし、実はそこには、日本の「インド料理」を支えるバングラデシュ料理の存在があるのだ。

バングラデシュ料理の看板メニュー

[写真2] バングラデシュ料理の看板メニュー

 
18年前に日本にきたというバングラデシュ料理屋のオーナーシェフは、今でこそ「バングラデシュ料理」を看板にかかげ、「豊かな自然に恵まれたバングラデシュの食材の豊富さ」を売りにしている。料理の「マイルドさ」が、インド料理との差異化に用いられる。しかし、話を聞けば、日本でコックとして働き出した当初は、インド料理屋の調理場に立っていたという。次にシェフとして任された店では、「カレー屋」を名乗る。そして、現在の持ち店を自ら経営するようになり、初めて母国「バングラデシュ」を看板にかかげるようになった。その経緯をたずねると、当初はバングラデシュといっても誰も分からなかったから、と言う。ビジネス街でやっていた「カレー屋」は、お昼のビジネスマンがランチを食べにやってくることが多かったというから、「エスニック料理」を味わいに来るというよりは、昼食に「カレーを食しにくる」客で賑わっていたようだ。しかし、彼が作っていた料理は、インド料理屋でも、カレー屋でも、そしてバングラデシュ料理屋でも、常に同じ、「バングラデシュのカレー」だったのである。

同じように、バングラデシュ出身のコックが、日本のインド料理、「本場カレー」のレストランで働いていることは珍しくない。インド亜大陸では、バングラデシュの大半とインド西ベンガル州に住むベンガル民族と言えば、食に定評のある民族だから、インド料理を支えているのがバングラデシュ出身のコックであることは驚くことでもない。そう考えると、バングラデシュ料理、しいてはバングラデシュという国についてさえ不案内な日本の人々でも、実は知らない間に「バングラデシュ料理」を食べていたということも少なくないのかもしれない。そして、日本に根づく「本場カレー」の文化は、母国の知名度の低さから名乗ることを慎む、したたかなバングラデシュ料理人たちによっても、支えられているのだ。


バングラデシュ料理、インド亜大陸料理

インド亜大陸料理

您可能还会对下面的文章感兴趣: